祇園祭ごみゼロ大作戦2022 活動報告(2022/7/15金)

祇園祭ゴミゼロ大作戦|ボランティア|HOVC】

3年ぶりに開催された祇園祭ごみゼロ大作戦の宵々山に参加してきました。
祇園祭ごみゼロ大作戦は、2014年よりはじまり、リユース食器を活用したごみ減量方策にてごみ減量に成功している活動で、ボランティア人数はのべ約2200名の参加だそうです。
今年は堀場OB会から9名(酒井、秋山、石黒、小川、北川、佐々木、中村(正)、森山、笠川)で参加してきました。
今年は感染症の激増した影響と雨予報で来場者が少ないのかと予想していましたが、沢山の人でした。
私たちの担当する、ゴミステーションは四条通 西洞院(41B)は、17時に集合し、18時からの20時までを担当しました。
四条通り18時から、歩行者天国道路となりゴミステーションを道端から四条通りに移動設置し活動開始。
この準備中に少し雨が降り始めましたがすぐにあがり人が増え始めました。
同時に祭りのおはやし(コンコンチキチキン)が聞こえてきました。

四条通りは、大きな山鉾があり人の移動が多く、飲食店(屋台)がなく食べ歩きの人が少ないようでごみ箱に入れる人が少ないように感じました。
活動して約1時間が経過したところで予期していない事態が発生しました。41Bゴミステーションと近くの傘鉾の距離が近いため人の流れが悪くなり混乱しているとの事で移動することになりました。スムーズにごみステーションは移動したのですが、なぜかゴミの回収はますます少なくなったように感じました。
 私は、活動時間中募金活動を行いました。
大変に込み合っている通行の方は、なかなか財布を開けていただく事が出来なかったようであまり入りませんでしたが、行き過ぎてからお金を入れていただい方にはありがとうの言葉がでました。
今回は、お札は残念ながら見ませんでしたが寄付いただいた方には感謝感謝です。
次のボランテイアの方と交代する時間になる時には暗くなり、ますます人が増えてきていました。
家族連れも多くおられ中には、浴衣姿の外国の方と思われる人も多く見かけました。
ずっと立っていたので足が痛くなってきていましたが、無事終了となりました。
帰り道に近くの山鉾で「ちまき」を購入して大変に混雑する電車に乗り帰宅しました。
ぜひ皆様も、各種ボランティア活動への参加をお願いいたします。
                        笠川(記)
DSCN9893-1 DSCN9904-1 IMG_4759-1

ボランティア活動・オオバナミズキンバイ駆除作業への参加(2022/7/10日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

鴨川のオオバナミズキンバイ駆除活動報告
雨が降りそうな天気の7月10日(日)に特定外来生物オオバナミズキンバイの駆除活動に参加してきました。
今回で4回目となり、各種団体や個人による駆除活動でOB会は七条大橋左岸を担当しました。
参加者は5名で(酒井、中村(正)、秋山、矢吹さん、笠川)活動してきました。
駆除する植物の説明があり意気込んで駆除場所に着きましたが、まったく見当たりません。
植物に詳しい方に指導していただきなんとか作業できている状態です。
約2時間の駆除活動でしたが、用意された袋には、なかなかたまりませんでした。
幸いに曇り空で焼けるような暑さではないのですが、駆除より休憩ばかりして、用意していただいた水分補給のペットボトルと塩飴をいただきました。
川の流れに網を入れると、鮒や小魚が捕れていましたので、環境としては大変に良い事がわかりました。
次回も参加したいと思い帰路につきました。(笠川 重美 記)

生き方探求館 工房学習の報告(2022/6/15水)

キャリア|モノづくり学習工房|キャリア|HOVC】

堀場製作所OB会から、酒井、森山、秋山、北川、石黒、笠川、沢本の7名がモノレンジャーとして参加しました。
石黒さんは殿堂へ、残りの6名は学習工房で堀場製作所CCOから参加された、南條さん、後藤さん、福島さんと一緒に竹田小学校の子たちの「世界にひとつの温度計」つくりをサポートしました。
コロナウイルス感染拡大により、2年間活動が休止していた学習でしたが、令和4年度より感染対策をしたうえでリアル再開。
久しぶりに1人々々の個性にふれることができました。 http://www.edu.city.kyoto.jp/scfp/
S__36610053-1

鴨川クリーンハイク活動報告(2022/6/5日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

2022年6月5日(日)、今年度第2回目の「鴨川を美しくする会」主催の鴨川定例クリーンハイクに、堀場OB会から森山晶成、岡田知二、石黒英憲と岡田氏の知人の矢吹さんと4名で参加しました。
今年度の第1回目は4月29日に開催される予定でしたが、天候の影響で中止となっており、今年度初めてのクリーンハイクの開催でした。
集合は午前10時で、主催者や京都市長からの挨拶や激励の言葉そして注意事項があった後、五条大橋から丸太町橋西北詰めまで3㎞ほどを約2時間かけてごみを拾いながらのハイキングをしました。
今回の堀場OB会の担当は、鴨川左岸の河川敷でした。
長い間この区間の清掃が行えていなかったこともあり、ごみの量が非常に多く最終地点まで持っていくのが大変な量と重さでした。
傘や飲料水の容器等、様々なごみが捨てられていました。
今回は、曇天ではありましたが、暑いうえ、マスク着用で、熱中症が心配されましたが、最近は、巣ごもり状態でしたが、久しぶりに太陽の下に出かけられ、さわやかな気持ちでごみを集めることができました。
                                        以上
                           令和4年6月5日(日) 石黒 英憲 記

DSC_0068

鴨川茶店活動報告(2019/4/6土~7日)

ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川茶店|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

鴨川茶店報告
鴨川を美しくする会・京都鴨川ライオンズクラブ主催の鴨川茶店が、2022/4/9~4/10に開催されました。
コロナのため、3年ぶりとなります。
場所は、植物園西側の「なからぎの道」です。
当日しだれ桜が満開で、暑いくらいの日よりで、大勢の人通りがありました。
例年、出店等があったのですが、今年は、啓発活動のみで、規模縮小して開催されました。
吹奏楽の演奏、演武が行われ、例年通りのパフォーマンスを披露していました。
堀場OB会では、南側の進入付近の交通整理、誘導を実施致しました。
参加者4/9土:森山、笠川、北川、三橋
4/10日:酒井、石黒、小川、中村正博
(三橋泰夫 記)
DSCN9817-118673-1

ボランティア活動・オオバナミズキンバイ駆除作業への参加(2021/11/21日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

特定外来生物オオバナミズキンバイの駆除活動報告
晩秋の朝冷えの令和3年11月21日に鴨川クリーンハイク活動の一環である“特定外来生物オオバナミズキンバイ”駆除活動に、酒井さん、岡田さんと秋山の3名が参加しました。
今年で第3回目になりますが、全員が寒さ対策と足元は長靴をはいて、河川敷にて三々五々グループに分かれて作業に取りかかりました。
鍬(三つ鍬)やスコップで根っこを掘り出す人を中心に地表部と地下茎のつながったオオバナキンバイ(葉っぱは小さく茎の長い植物)を抜き取り大きめの網袋に集めました。
この作業は、一般のごみ拾いと異なり道具を使うので体力とやや根気も必要とするが、安全に気を付ける必要があると感じました。
若い者と年配連中が入り混じって、河原(砂場)の ”芋ほり?” 作業の光景そのものでした。
当日は、天候に恵まれ小春日和のもと作業中は一汗かいて適度の運動になりました。
(秋山重之 記)
尚、今回の駆除活動に際して酒井さんから事前に説明がありましたが自らの体験結果を<補足版>にまとめました。
堀場OBの方々に少しでも関心を持っていただければ幸いです。


オオバナミズキンバイ

<補足版>オオバナミズキンバイ(以下特定外来生物という)駆除活動の実体験について
1) 作戦会議:昨年からわずか1年で水辺に繁茂する特定外来種生物(水たまり)の前で指導者から説明を受ける堀場OB達(酒井さん、岡田さん)
IMG_1001
2)河川敷で駆除活動に当たる参加者達
IMG_1002
3) 地上に繁茂した特定外来種は枝を伸ばし根っ子は土中深く入り込んでいる、切れ目なく掘り出すには注意力と中腰作業はややきつい(葉っぱや茎の断片は残さない)
4) 茎・根っ子は丸めて網袋に、数本は事務局テント前で標本展示、(テレビ局も撮影)
IMG_1003
5)七条大橋~塩小路橋周辺の河川敷の実態と今後の課題
下図は、この特定外来生物の葉っぱを食する“キタカミナリコガネムシ“(拡大図、天敵ではあるが期待薄)と、今回駆除活動を行った七条大橋~塩小路橋周辺の河川敷は多く雑草に覆われている。 (河川敷のテントは今回の事務局の設営場所)
IMG_1004

鴨川クリーンハイク活動報告(2021/11/7日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

11月7日(日)、鴨川定例クリーンハイクに参加しました。
鴨川を美しくする会主催、ライオンズクラブなど協賛で実施。
昨年と同様、コロナ対策のため検温と手の消毒を実施。
北山大橋の土木事務所に集合して、Aコース、Bコースと設定。
堀場OB会はBコースで、土木事務所→なからぎの道→北大路橋→賀茂川西を北上→北山橋と回りました。
天候に恵まれよい散策となりました。
ゴミは少なくきれいな状態を保たれていました。
参加者:酒井、森山、岡田、笠川、三橋(記)
S__32956419-1

鴨川クリーンハイク活動報告(2020/11/1日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

令和2年度第4回の「鴨川定例クリーンハイク」(鴨川を美しくする会主催)に参加してきました。
快晴の秋日和11月1日(日)「世界に誇る鴨川を次の世代に」をスローガンに
北大路橋から上賀茂橋の往復2.6km清掃(ごみ拾い)とハイキングを行ってきました。
コロナ対策の検温と手の消毒を受け堀場製作所OB会は平野さん、岡田さん、笠川の3名が参加で、清掃活動の注意説明があり、ゴミ袋、軍手、火箸が支給されて河川敷を上流方向に向けて清掃を始めました。
なかなかゴミが見つからづ必死で探すくらい綺麗な状況でした。
川の流れの中にはゴミが見えるのですが長靴を履いた専門チームに任せてひたすら歩き少し汗ばむくらいでした。
沿道に咲く小さな花と並木の木陰に吹く風に癒されて出発点の北大路橋に到着。
記念品とジュースをいただき帰宅しました。
                            記:笠川
DSCN0215-1 DSCN0236-1

ボランティア活動・鴨川での外来植物(オオバナミズキンバイ)駆除作業への参加(2020/9/27日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

9月27日(日)午前9時30分より、鴨川七条大橋左岸に集合して「オオバナミズキンバイ」の駆除作業に向けて、京都府の関係者は元より、多くのボランティアが参加して行われました。
鴨川を美しくする会、京都つくば開成高等学校、国際ボランティア学生協会、XOクラスター(オムロンOB)等に交じって堀場製作所OB会(森山、酒井)から2名が参加。
昨年に続いて、今年で第2回目。
今年は、新型コロナウイルス感染防止対策も有って、本来夏の初めに開催される予定が、9月末まで延期された。
先日の大雨で土砂を被ったこともあって、花が見えなく「オオバナミズキンバイ」の生育場所の特定が難しかった。
作業も2つのグループに分かれて時間帯を別にして、密を避けるよう指示されてていました。
しかし、最後の方は、皆さん1つになって、深い根の掘り起こしに熱が入ってました。
メディアの取材も行われていましたが、この繁殖力の強い「オオハナミズキンバイ」の駆除には未だ関心が低い様です。
琵琶湖でも大きな問題になっていると聞いています。
鴨川にもこの数年で増えてきています。
日本の植物の生態系を守るためには、皆さんも是非、大きな関心をお寄せください。(酒井 記)

DSC_3349

DSC_3349

DSC_3351

DSC_3351

鴨川クリーンハイク活動報告(2020/9/5日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

鴨川クリーンハイク報告

 堀場OB会「ボランティア部会」活動の一環として令和2年9月6日(日)に「鴨川を美しくする会」主催の今年度第3回「鴨川定例クリーンハイク」に参加しました。
参加したのは、石黒英憲、中村十規人の2名で、午前10時前に鴨川丸太町橋右岸河川敷に集合しました。
 当日は大型で非常に強い台風10号が九州を縦断しており天候が心配されましたが、空模様は曇り、なんとか雨も降らずにすみました。
 当日の参加者は全体で約130名、主催者の挨拶や事務局の説明の後、「新型コロナウイルスの感染対策」で全員がマスクをし、「熱中症」にも注意しながら、清掃活動を実施する状況。
我々堀場OB会の担当エリアは、鴨川左岸と川端通の間の歩道。終点の北大路橋を目指し、クリーンハイクを開始。
最近の鴨川は綺麗でゴミも少ない状況ですが、それでもタバコの吸い殻や菓子類の包み紙、飲み物の空き缶等いろんなゴミを拾いました。
雨傘や自転車のチューブなどの大物も出てきました。
 途中、鴨川の橋の下では、ラクロスや手持ちの小太鼓?の練習する学生らしき若者の姿も見られました。 
北大路橋の終着点についたころには汗びしょとなっていましたが、鴨川の景色を楽しみ、健康に良い日を過ごすことができました。  (中村十規人 記)
2020.9.5.鴨川クリーンハイク(マスク無)-1