第22期年次総会 社長講演(抄録)2017年10月26日(木)

 

堀場製作所OB会第22期年年次総会 堀場会長兼社長 スピーチ抄録
2017年10月26日(木)15:00~15:45

年次総会の開催おめでとうございます。
さて、新聞発表や先ほどご紹介もありましたが、来年2018年1月1日に、HORは、社長を交代し足立正之社長の下で新しい体制となります。私自身は、会長としてグループ全体のCEOとなり、現副社長の齊藤氏は副会長としてグループ全体のCOOでグループ経営を見ていくことになります。
半導体市場等が急拡大成長していく中で、競争の原理を働かせ、足立新社長にはグループ会社の1社として経営を任せ、手腕を発揮していただくことになります。従業員の7割が外国人、売上の6割以上が海外を占めている中、実行部隊の責任を明確にし、ガバナンスを含めてきっちりと対応していきたいと考えています。
自分が社長に就任した1993年の業績として売上は350億円、現在は、1,800億円と5倍以上に拡大しています。リレー競争と同様に最もスピードが上がっているときにバトンタッチしたい、というのが私の思いです。社長になって、25年、期間的に4半世紀が一区切りとなります。

さて、2017年1月から最近までの会社トピックスを写真で紹介していきます。
1月は、HORの創業製品であるpHメーターを含め、液体計測事業をHATに集約し、スタートさせました。従業員250名を超える体制で、売上200億円を目指しています。この結果、利益の良いPH等の製品群がなくなって、HOR科学の部隊がこれから自力で戦わなければなりません。
また、皆さんの馴染みのある2,3,8号館の解体式を挙行いたしました。
2月には、STEC阿蘇工場拡張のための起工式を行いました。
また、経済産業省から健康経営優良法人として認定していただきました。業績を上げながら、社員の健康にも配慮する活動を地道に継続している結果を評価していただいたものと思います。
5月には、HKの新社屋が完成し、起工式を行いました。韓国市場は、現代、サムソンなど非常に大切な市場です。SKLも新工場で稼働を開始しています。韓国でのオペレーションは一体化していますが、特に、SKLは半導体分野で大きく貢献しています。
また、同じく5月には、E-HARBOR竣工1周年イベントが開催され、大津に移ったホリバリアンがシンボルマークを人文字で表現してくれています。工場見学者は1年足らずで5,000人に上り吉祥院の見学者をはるかに超えてきています。見学者は、ユーザーのVIPクラスが多く、淀みのない生産ストリーム、協力会社との関係など注目されています。投資を決意した5年前は1US$=89円と円高でしたが、現在は115円と円安になっています。どのタイミングで投資を決定するか、ユーザーに対する供給力を増強させたことにより追加発注を頂くなど好転しています。経営は、タイミングの良さが非常に重要になっています。また、単なるサプライヤーから重要なパートナーとしての立場となり、ユーザーにとって重要な役割を発揮するようになりました。単に製品性能や価格面だけではなく、事業のオペレーションそのものを評価されるようになってきました。
7月は、グループ洛楽会としてフランス・イギリスの研修旅行を実施し、現地の独自のビジネスやマネジメントの状況などを見学していただいた。5年に一度は海外で研修旅行を行い、共同体としての認識をさらに深めていただいています。
同じく7月にイギリスMIRA社で新しく試験センターを開設しました。EU離脱問題で揺れるイギリスだが、投資を継続しています。買収後に40億円近くを投資し、買収額の160億円と合わせると総額200億円の投資となっています。MIRA社は、自動運転技術やバッテリーチェックなど自動車関連の幅広い技術を持っています。排ガスやセキュリティ技術などを追加してトータルビジネスとして展開しています。ジョージ社長とは10年前買収したドイツのシェンク社の元幹部で、個人的信頼関係も厚い。
8月には、MEXA-7000の最終出荷式を感謝の念を以て感慨深く行いました。
9月にはテキサス・ヒューストンは大きな洪水がありましたが、我々の環境計測事業の新工場は幸いにも被害はありませんでした。ラッキーでした。ブラジル子会社では同月に20周年の式典を行いました。ブラジル レアルの為替の問題はありますが、旅客機を作れる技術など非常にポテンシャルのある国と考えています。
HTW(台湾)の移転セレモニーも開催しました。STECを中心に半導体市場向けなど好調です。台湾では製品のセグメント別に都合の良い販売チャンネルをバラバラと作ってきましたが、今後はHTWを中心にうまく機能するように改革していきます。E-HARBOR移転により技術の遷宮を行うことによって、技術の継続性や積み上げが大切なことが認識され、大きな会社のテーマに定着してきたことが非常に良かったと考えています。
最近は技術の潮目が変わってきて、技術開発のスピードが一段と速くなり、それとともにグローバル市場に迅速に対応していくことが何をおいても必要と考えています。会議などで意思決定する方式から即断即決をしていくシリコンバレーのタイプに移行しないと大きく差が出てきます。ここ2,3年で変革できるかが事業の勝負であると考えています。
最後に、社外の会議で、次のように声を掛けられ、たいへんにうれしく思いましたので報告しておきます。
「堀場製作所OB会の方々が鴨川クリーン活動にボランティアで貢献されています。素晴らしい会社ですね」と。これからもお元気でOBとして社会貢献をよろしくお願いします。(抄録)

堀場社長1

第21期OB会年次総会(2016年11月8日) 於:びわこE-HARBOR

平成28年11月8日(火)午後1時より堀場製作所OB会第21期総会が行われました。今年度はOB会創立満20周年の記念すべき年度であり、今年5月23日に竣工を迎え、技術の遷宮として動き出した「びわこE-HARBOR」に場所を移して開催されました。はじめに、遠くカナダのトロントで7月に病気の為亡くなられた、一木 武俊さんに黙祷を捧げました。
◆第1部は、OB会の第20期の活動報告、並びに会計決算報告が行われ、会員の承認を戴き、続いて、第21期の活動計画、予算計画を説明し、会員の承認を戴きました。
 第21期の活動方針は第20期同様に「キャリアを活かして社会貢献を強化」です。           ◇OB会の規定類の中に、慶弔規定が有りますが、その文面によると、古稀の祝の他に
喜寿、米寿、卒寿。白寿等もお祝い金を出すと記されています。実際に今まで古稀以外にお祝を出した先例も無く、OB会の長寿高齢化を考えると、大きな費用負担になることが予想されます。そのため、実質の運用で古稀だけになっている現状に合わせた規定に改定することを提案し、承認を受けました。
 ■新入会員の紹介では、当日出席された早田善孝さんをはじめ、鵜崎一誠さん、岡田義明さん、東京支部に 板垣久美子さん、川野(旧姓:石川)佳子さん、程野(旧姓:横江)知子さんの6名が20期中に加入されました。また、10月以降、第21期が始まったばかりですが、総会に出席された野田容朗さんの他、分部(旧姓:浮村)妙子さん、梶並純一郎さんの3名が参加されました。
 ■また、第20期中に古稀を迎えられたのは、青野国子さん、永田真寿夫さん、船越 健さん、山田 毅さん、須崎琢而さん、青海 隆さんの6人が、古稀のお祝を受けられました。
◆第21期の会員数は10月1日現在、191名となりました。
今期の幹事体制の変更は、中村正博氏が業務多忙のため、退任されることになりました。そのため、幹事体制は以下となります。
代表幹事   酒井 俊英
副代表幹事  船越 健
幹事     伊藤 哲(会計担当)、谷口 義晴(東京支部)
       小川 柾幸、中村 十規人、三橋 泰夫、森山 晶成
会計監査   湯浅 一郎、中井 眞啓(堀場製作所)                          

第2部は、年次総会を終えて、びわこE-HARBORの見学です。
4つのグループに分かれて、約1時間の見学が行われました。琵琶湖に停泊する大型船のイメージでデザインされて、多くの思いと工夫に満ちた、従来の工場の概念を超えた、従業員のやる気とパフォーマンスを引き出す未来のプラットホームと言えます。
第3部は、堀場会長兼社長の講話「会社近況報告」が行われました。これについては次項をご覧ください。

r_dsc00398                               その後、全員の集合写真を階段に移動して撮影しました。                        続いて、第4部は懇親会となりました。 同じ9階の食堂の一部で堀場会長兼社長以下、堀場製作所の幹部の方々にも参加頂き、中村十規人さんの司会で始まり、内山正克氏の乾杯の音頭と共に、交流の輪が広がりました。
以下は、総会での全体写真と懇親会の写真です。                   (酒井 俊英 記)

r_6c2_0413r_imgp0111

 

 

第20期年次総会

 2015年第20期総会は11月24日(火)に開催されました。今回は2015年7月14日(火)に逝去された元最高顧問・堀場雅夫殿の「お別れの会」が 9月9日に行われたり、OB会のスケジュールもいろいろ変更を加えながらのスケジュールとなり、堀場 厚社長のスケジュールとの調整の結果でありました。
 第19期中には、堀場雅夫殿を始めとして前代表幹事の川越 幹様、望月宣治様、南村義昭様、西田敏彦様の5名の方が亡くなられました。この5名の冥福をお祈りする黙祷をして総会は始まりました。
 9月9日のお別れの会に会場で放映されていましたビデオを映し、創業者の偉業を偲ぶ場となりました。その後、総会は始まり、第19期の活動報告、会計報 告、クラブ活動等を行なって、会計監査役の湯浅一郎氏から監査結果の報告がされ、総会での御承認を頂くことができました。続いて第20期の活動計画・会計 予算案が提示され、これらも総会での御承認を頂きました。第19期及び第20期に入会された新会員9名が紹介され、更に古稀になられた10名が紹介され、 代表して倉原政治さんがお祝金を受取られました。
 この後、休息の後、代表取締役社長 堀場 厚殿からの「会社の近況」と題して御講演を頂きました。
御講演の後、恒例の全員の集合写真を撮って、懇親会に移りました。懇親会は、久しぶりに参加された方も多く、社長を始め、多くの会社幹部の方々にも参加い ただき、昔話や、現在の話題に話が盛り上がり、大盛況の中、恒例の船越副代表と石田副社長の手打ちで中締めとなりました。お疲れ様でした。

  → 第20期年次総会 活動報告(PDF) 

photo_1