工房学習の報告(2019/9/27金)

キャリア|モノづくり学習工房|キャリア|HOVC】

日時 9月27日(金)
時間 8時45分
開始前 打合せ・・・今年度より事前実施
授業開始 9時00分
京都府庁前にある「京都まなびの街 生き方探求館」での「ものづくり工作授業」も、平成31年度より4月より令和元年に変わりました。
現在HORIBAが提供している工作授業は、その名も「世界で一つだけの温度計」です。
1時間目、2時間目 9月27日(金) 西野小学校 4年生 (2学級)47名
堀場製作所モノレンジャーから三橋さん、沢本さん、北川さん、林晴夫さん、森山さん、cco:南條さん、米澤さんの7名の参加です。
A班 24名、B班 23名に分かれて、工房学習をCCO 岡村さん(米澤さん)の挨拶でスタートしました。「はかる」と「わかる」をテーマにセンサーの仕組み等の説明をして温度計の工作授業に入りました。
【温度計】キット部品の説明をしながら組立てを進めました。小学生たちは温度が測れることが解かると騒がしくなりました。
基板上の電源「スイッチ」を押して「LED 縁色が点灯」、「LED 黄色が点灯」、「LED 赤色が点灯すれば⇒完成です。
森山(記)

京モノレンジャー活動報告(2019/9/24火)

キャリア|モノづくり学習工房|キャリア|HOVC】

工房学習活動レポート
 「生き方探求館」モノづくり学習支援員[京モノレンジャー]活動を9月24日に行ってきました。
堀場製作所CCOより、景山さん、岡村さんとOB会からは、森山、
北川、秋山、笠川の4名で行ってきました。(写真 スタッフ一同)
今回、学習されたのは、広沢小学校の前半28名と後班27名の生徒さんで、身近な「はかる」をテーマに質問を交えてわかりやすく解説され、そして、「世界に一つの温度計」堀場製作所製(組立キット)の組立指導となりました。
私達は、作業机に分かれて支援に入りました。
みんな順序良く、説明を聞きながら作業され、全員無事に完成。
いよいよ、温度計に電池を接続しスイッチを入れて、LEDが点灯した時は、みんな一斉に歓声があがります、毎回ですが、学習支援員をして良かったと思う瞬間です。
早速、自分で、作った温度計で、冷却スプレーやヘヤードライヤーなどを使って、冷たい(青色)普通(黄色)、暖かい(赤色)とLEDが点灯することを実験して動作確認されていました。
これからも「モノレンジャー」として活躍していきます。
                       記 笠川 重美
S__20570115-1

びわこE-Horverにて「ものづくりと環境を学ぶ子ども塾」を支援

CCO支援|キャリア|キャリア|HOVC】

DSC_1263

琵琶湖工場_190917_1CIMG8487琵琶湖工場_190917_5琵琶湖工場_190917_6都北ロータリークラブ(イシさんが会長)主催の「ものづくりと環境を学ぶ子ども塾」が2019年9月16日(敬老の日)に、びわこE-Harvorで開催され、OB会メンバー10名が「ものづくり実習(温度計製作)」のサポート参加しました。(酒井 俊英 記)

鴨川クリーンハイク活動報告(2019/9/1日)

ボランティア|合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

2019年第3回鴨川クリーンハイク活動報告
9月1日(日)鴨川を美しくする会主催の鴨川清掃活動に参加致しました。
当日は、まずますの天気に恵まれ、OB会より森山、石黒、小川の3名が参加。
集合場所の丸太町橋右岸河川敷には、350名が集合し、主催者挨拶、注意事項等
連絡後10時過ぎよりスタート。
我々は、左岸の歩道の植え込み、草の中等ごみ拾いしながら
北上し、11時40分頃集合場所の北大路橋右岸に汗を拭きながら到着。
ゴミやごみはさみをお渡しし、散会となりました。支給されました、ジュース大変美味しかつた(笑)
怪我もトラブルもなく、無事に終了。お疲れ様でした。  (記 小川柾幸)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

鴨川納涼2019 ボランティア活動

ボランティア|鴨川納涼|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

Exif_JPEG_PICTURE

DSC_1003

DSC_0989

今年も鴨川納涼ボランティアに参加しました。8月3日の最高気温は38℃、4日は37.5℃。暑い、熱い!御蔭でカメラが異常?いえいえ、撮影者が熱中症?ご容赦ください。お疲れさんでした
参加者(3日は石黒英憲、森山晶成。4日は中村正博、酒井俊英(敬称略)の計4名)
!(酒井 俊英 記)

夏休み研究大作戦のボランティアへの参加報告(2019/7/24水)

CCO支援|キャリア|キャリア|HOVC】

 令和元年7月24日(水)と25日(木)に京都市のみやこめっせにて、日本能率協会主催の第1回「夏休み2019宿題・自由研究大作戦」in京都 が開催されました。これは、“小学生親子”を対象とした学習・体験型イベントで、堀場製作所をはじめ地元・京都の企業を中心に各種団体および官公庁が、サポーターとして学習・体験プログラムを提供しました。来場者は、各ブースで夏休みの宿題・自由研究のヒントを得たり、ものづくりや疑似体験が出来るのが特徴です。我々OB会員は、堀場ブースで、子供たちのものづくりの支援や、各コーナーでの測定器の使用方法を教えたりしました。
24日は森山、小川(征)、石黒が、25日は森山、北川、石黒が参加しました。朝9時の開場なのに、8時頃から並び出し、我々が準備に入る8時半にはすでに、3階の通路に人は溢れ、その列は1階入り口近くまで並んでいました。開場されると、各ブースに人の行列が出来、会場内は大変な混雑ぶりでした。子供もその親も非常に熱心に説明を聞き、温度計の製作や測定器を使っての測定をしました。また質問も数多くあり、光沢や離れた物質の温度はどのようにして測定しているのか?何メータ離れたところまで測定できるのか? 空気は測れないのか? pHは何故7が中性か? pH0以下はあるのか?それはどのような物質か?など、特にOBが得意とする原理説明を行うなどの活動が出来、非常に喜ばれました。子供達には、堀場の印象が非常に強く残り、将来、堀場に何らかの形で貢献してくれると期待して、ボランティア活動を行いました。
結果、我々年配者が将来ある子供たちに、モノづくりの知識やこれまでの経験を活かして将来の夢を考えるきっかけを与えることができるようになったものと喜んでおります。(石黒 英憲 記)
1日目集合写真
pH計説明③

鴨川クリーンハイク活動報告(2018/6/2土)

合同・定例ハイク|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

6月2日(日)に今年度2回目の鴨川を美しくする会主催で「鴨川定例クリーンハイク」に参加してきました。
「世界に誇る鴨川を次の世代に」をスローガンで今回は「海ゴミゼロ」も追加されました。
五条大橋から丸太町橋間の2.5km清掃(ごみ拾い)とハイキングには、森山、中村(正)、笠川の3名が参加してきました。
清掃活動の注意説明があり、私達は鴨川東岸(川端通り)の歩道を上流方向に向けて清掃を始めました。
沿道に咲く小さな花と並木の木陰に吹く風に癒されてながら垣根の中などのジュースの缶やペットボトルなどのゴミを拾いました。
袋が重くなってきたころに最終丸太町橋に到着。
記念品とジュースをいただき疲れを吹き飛ばし帰宅しました。
記:笠川
DSCN9714-1

鴨川茶店活動報告(2019/4/6土~7日)

ボランティア|鴨川を美しくする会|ボランティア|鴨川茶店|鴨川を美しくする会|ボランティア|HOVC】

鴨川茶店活動報告
本年で、45回目となります鴨川茶店が、4月6日【土】、4月7日【日】に開催されました。
主催は、鴨川を美しくする会・京都鴨川ライオンズクラブで、会場は、植物園西側、北山通りと北大路通りの間の【なからぎの道】で行われました。
森山、中村(正)、小生小川が7日(日)を担当。
当日は、しだれ桜、そめいよしのがほぼ満開の中、天気も快晴で大変賑わい最高の日となりました。
堀場OB会では、南側の進入付近の交通整理、誘導を実施致しましたが、中でも来場者の植物園、地下鉄駅、トイレ等の道案内がダントツでした(笑)。
茶店以外では、地域の物産店、鴨川美化の啓発、尺八・琴の演奏会、消防音楽隊、加茂川中学吹奏楽部の演奏、チームリーダーのパフォーマンス等盛りたくさんの内容で実施されました。
ポカポカ陽気の1日、3時半迄何事もなく終了でき楽しい1日でもありました。
            (小川柾幸    記 )

4/6は船越、笠川、三橋が参加しました。
集合0406a IMG-1077-2

第12回桂川流域クリーン大作戦 参加報告(2019年2月24日(日))

ボランティア|桂川クリーン大作戦|ボランティア|HOVC】

2019022500ADSCN9620DSCN9630DSCN9634

今年も2月24日(日)に桂川流域の自治会と各種団体による清掃活動の第12回桂川流域クリーン作戦に参加してきました。堀場製作所OB会は松尾大社前の松尾橋に10名が集合しました。清掃前に、参加団体の紹介と清掃場所の指定と清掃活動の注意説明があり、ゴミ袋、軍手、火箸が支給されて、私達OB会は嵐山方向に向けて上流の清掃を始めました。毎年清掃する範囲が同じなのですが、河原の雰囲気が違っています。今年は、右岸の遊歩道から水の流れている場所までの範囲が広くまた、握りこぶし大の石ばかりで大変に歩きにくく、昨年の台風の影響と思われるゴミが多くあり、先頭集団の後にでも、ゴミが見つかり今回も軽自動車のタイヤを拾ってしまいました。私の後ろには、秋山さんが自転車を見つけて運んでおられました。約2時間の清掃作業で少し汗が出るほど温まりました。昼食前でもあり、恒例(好例)となった全員参加でぜんざいを食べに行ったのですが、あずきが不作で有りませんでした。代わりに各自アイスクリームや、ショートケーキや、サンドイッチと美味しいコーヒーをいただき疲れを吹き飛ばし帰宅しました。堀場製作所OB会会員のみなさま、京都の桂川・鴨川を綺麗にする活動への参加をお待ちしています。(笠川 重美 記)

京都マラソン2019・ボランティア活動報告(2019/2/17)

ボランティア|京都マラソン|ボランティア|HOVC】

京都マラソン20190217B今年で8回目の開催となる京都マラソン2019が2月17日(日)に開催され、堀場製作所OB会からも10名が運営ボランティアとして参加しました。近年のマラソン人気で抽選倍率4.5倍の中、選ばれた市民ランナー16000人が国内外から京都に結集。早朝6時すぎにはJR京都駅前に長蛇の列が出来上がり、スタート会場の西京極競技場へ向かうランナーの皆さんが臨時バスに順番に乗車されていました。また、阪急電車でも西京極駅に急行を臨時停車させて対応されてました。OB会メンバーは昨年に引き続き梅宮大社近くの四条通りを担当。主な役割は三角コーンと規制テープの設置/回収と選手サポート。朝8時頃から手分けして準備に着手。準備が完了してほどなく先頭の車椅子ランナーが通過、後を追うように四条通りを溢れんばかりの市民ランナーの大集団が都大路を駆け抜けていきました。今年は天候にも恵まれこの時期としては暖かい応援日和となり、沿道に集まられた周辺住民の皆さんと一緒にボランティアメンバーも大きな声と拍手でランナーの皆さんを精一杯応援しました。
最終ランナーの応援を終えると後片付け。交通規制も解除され資材撤去が完了したら解散となり梅宮大社で集合写真を撮って帰宅となりました。ボランティア活動に参加された皆様ご苦労様でした。参加者(五十音順、敬称略):伊藤、宇野、北川、酒井、沢本、竹内、中村(十) 、中村(正)、森山(リーダー)、湯浅 (沢本 昌順 記)